スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

江戸の男色春画 【舞台子と客】

edo14.jpg
『尻穴重莖記大成』より

舞台子と客
紫帽子といわれるものをかぶっているので舞台にあがっている舞台子とわかる
>>舞台子の詳細

「姫さま」というセリフは舞台子が舞台でお姫さんの役をやっていたのか
客「お姫さまに似合わぬ持前 よほど成長いたした」
舞台子「こそばいというのに」
とかかれている

舞台の後で事に及んだ後、紙(懐紙?)で処理しているが、こういった図は珍しい気がする
紙で処理するのは普通に行われていたことなのか春画で事をいたしている周りに大量に紙をまるめたものが落ちているさまが描かれているのもある
edo14_2.jpg

江戸自体は避妊の知識や技術が確立していなかったので遊女は事の前に中に紙をつめておくということもしていたらしい
関連記事
2015-09-22 : 江戸の少年愛 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

DL取扱サイト


同人ダウンロード



同人ダウンロードショップ DiGiket.com

美少女ゲーム、アダルト動画、 同人のダウンロード販売
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。